飲食人の転職

【飲食業限定】本気で転職したい、と思ったら少しづつ準備をはじめよう!真っ先に確認すべき4つのこと。

フッキ
フッキ
飲食業の方向けに、転職を考えたらすぐ確認すべきことをまとめました。

転職活動は、非常にやるべきことが多く大変で、精神的にも肉体的にもかなり消耗します。

もし、事前に考えるべきこととやるべきことがわかっているだけでも、随分負担が違います。

近況の転職活動を通じて、転職したいと思ったらまず確認すべきことをまとめました。

本気で転職したい!と思ったらすぐ準備をはじめよう!

まず、前提として、

もし転職活動するなら、今の会社に勤めながらやりましょう。

私は内定が出る前に退職しましたが、精神的に不安定になることが多くなり、またじっくり時間をかけ転職先を吟味する余裕がもなくなりました。

まずそもそも希望通りの転職が出来るとは限りません。

社内の実績と評価が、社外で通用するかどうかはわかりません。

自分のスキルや市場価値を、転職活動を通してよく見極めてください。

もし自分の市場価値が高くないと感じたら、一旦会社に留まるのも賢明な選択です。

他で活用できるスキルを身につけてから、転職すれば良いんです。

これらを踏まえ、転職を考えたらまず行動してほしいことを4つお伝えします。

就業規則を確認する

退職願いは何日前までに伝える必要があるかの確認です。

これを知っておくと仮に急に内定がでた場合、どんなスケジュール間で退職の準備をすすめていくのかのイメージがつくので、円滑に進められます。

また就業規則違反ではないにせよ、あまりに早い日程での退職は会社に迷惑をかけ印象が悪いので避けましょう。

もし転職してうまくいかなかった場合、飲食業なら出戻りがOKなことも多いので、万が一のことを考え良い関係性を保っておくことがリスクヘッジです。

また有給が残っていたらはやめに日数を確認して、どう消化するかも考えておいてください。

自分にメリットがある規則は利用しましょう。

会社関係者、特に退職済の人と意見交換する

転職は人生の一大イベントです。

より悔いない選択をすべく、たくさんの人と話して自分の将来を見据えてください。

特に会社をやめて他社で活躍している人にできるだけ会って話してみてください。

現実的な話が聞けると思います。

将来の自分に近そうな人と話すことで、具体的に今後目指したい将来像がイメージがつけられます。

私は転職を考えてから半年くらいかけ、たくさんの会社関係者と会いました。

あまり親しくなかった人にも積極的に声をかけて、話を聞きました。

会社内では得られなかった気付きが、たくさんあるはずです。

また自分にとって大きな刺激にもなります。

そして意見が揃ったら、今後を見据え今の会社に残るか、転職するかを比較して、決定しましょう。

あとは実行するのみです。

注意点として、これらの人と話をする時は転職を前提でしないようにしてください。

社内の人は引き留めにかかりますし、社外の人は都合良い労働力と考え強引に入社を誘ってくるかもしれません。

人の意見で無駄に迷わないようにしましょう。

貯蓄を確認する

転職先で給与が上がるケースは稀です。

大抵下がります。

貯蓄状況をみながら、計画立てて転職活動しなければなりません。

私は結婚しておらず、またやめる前に貯蓄が400万位ありました。

多少給与が安い会社に入っても一旦は貯蓄で乗りきり、短期間で昇給できるよう実績をだしていこうと考えてました。

もし貯蓄が少ないなら、今の会社でもう少しためてから転職活動をはじめる方が良いです。

そもそも会社の給与が少ないため転職するのであれば、飲食業だったら給与が高いところは結構あるので、そういった会社への入社を目指すのもアリです。

あと転職時に、引っ越しの費用が発生するかどうかも考えておいてください。

私は社宅に住んでいてやめる時に立ち退く必要があり、引っ越ししました。

費用は45万位。

バカにできない出費です。注意してください。

就職サイトやエージェントに登録する

就職サイトに登録してみましょう。

どんな会社が募集しているかや、募集要項を見るだけでも転職事情がわかります。

また就職エージェントにも登録し、積極的に話を聞いてみてください。

私も利用しましたが、知らない転職情報をたくさんもっていて話を聞くだけでもかなりためになりました。

注意すべきはエージェントは就職させることで報酬を得るので、とりあえずたくさん紹介してきます。

それに流され転職先でミスマッチをおこすことはないよう、気をつけてください。

選考には、第一希望の会社に関わらず積極的にすすんだ方が良いです。

数々の面接で自分の市場価値を知ることができます。

うけながら自己フィードバックし、常に客観的に評価してください。

何度も落ちても誰もわからないし、恥じることもないです。

それを踏まえ成長していていけば良いだけです。

またあまり希望しない会社で内定がでそうな時は、遠慮せず断ってください。

転職は様々な会社の話を聞ける貴重な機会でかつ成長の場なので、うまく活用して今後の糧にしてください。

転職準備のまとめ

・就業規則を確認する
・会社関係者、特に退職済の人と意見交換する
・貯蓄を確認する
・就職サイトやエージェントに登録する

転職は腰をすえ、じっくり考えて決めていってください。

結局転職しなくても、自分の成長にも間違いなく繋がります。

就職サイトも積極的に登録して、自分から情報をとっていってください。

フッキ
フッキ
私は会社の情報収集のため、常に就職サイトに登録してます。
ABOUT ME
フッキ
チェーン飲食店12年勤務。何の取り柄もない中年でした。しかし、現状を変えるべく、飲食業をやめ、ネット飲食マーケティングに転職。年間で300件以上の飲食店に提案。さらなら高みを目指してます。その経験を元にした飲食人のための転職・キャリアアップと、営業に役立つスキル・グルメを紹介してます。
RELATED POST