飲食人の転職

【飲食やめたい】正社員やめるのは困難…その事例紹介と円滑に辞める術。

フッキ
フッキ
過去2回、飲食企業に勤めたけど、辞めるのが大変だった…。

飲食業に憧れやってみたけど、思ってた仕事とはギャップがあってやめてしまう人はたくさんいます。

どんな仕事でもありがちなことかもしれません。

ただ飲食業の場合は少し事情が違ってきます。

なんたってやめるまでが、大変なんです!

フッキ
フッキ
上司とのやり取りが大変…

私の実例を踏まえなぜやめづらいのかのその理由と、どうすればうまくやめれるのかをまとめました。

正社員やめるのは困難…その事例紹介と円滑に辞める術

飲食業が辞めづらい理由

まず前提として、会社都合かつ自分勝手な理由がほとんどです…。

売上減・利益減に直結するから

もしやめられて、代わりのスタッフがすぐ見つからなければ、

・休みを増やす
・営業時間を短くする
・店を一時閉店する

といった形で対応せざるを得ません。

すると売上も利益も当然下がります。

店舗には、当然毎月家賃がかかるため、その負担を減らすためにできる限り営業する必要があります。

そのためオーナーさんとしては1人でも多くの社員を抱えるに越したことはないんです。

だから色々止めに入るのです。

残った人に多大な負担がかかるから

店舗勤務の人がやめると、代わりの仕事を誰かがやらないといけません。

一番負担がかかるのは同じ店舗にいる正社員です。

そのため残る社員は必死にやめるのを阻止します。

せめて給与がもらえればまだマシですが、ただサービス残業だけが増えるなんてところもあります。

オーナーが怖い

飲食店のオーナーさんは、体育会系の方が多いです。

縦社会な組織だと、気の弱い人はやめると言いにくいんです。

やめると言っても、うやむやにされてそのこと自体がなかったことにされるとか、結構ありがちなパターンです。

オーナー
オーナー
やめんじゃね〜よ〜!

やめたいのは会社が原因、だから即やめるべき

そんな感じで大半の人が引き止めにあうんですが、すでに覚悟が決まっているなら、きっぱり断りやめるべきです。

やめたいと思う一番の原因は、会社でありオーナーです。

会社を変えることはできません。

合わないならさっさと転職すべきです。

自分の身と将来が一番大事ですから。

ひどい労働環境で働かされ自殺したという例も後をたちません。

そうなるくらいだったら、どう思われようと気にせず行動すべきです。

これから私がやめた時に実際に起こったことの話をします。

フッキ
フッキ
参考になったら嬉しい!

飲食業をやめた私の例

1社目:大手居酒屋チェーン(在籍:12年)

理由

・異業種に転職したかった
・出世が見込めなかった
・部長との関係が悪かった

退職を決意してから、何社か選考を受け無事に内定。

その後上司に退職を報告した後、2回引き止めにあいました。

その交渉は30分〜1時間位。

しかしやめる覚悟ができていたので、揺らぐことはありませんでした。

またやめられた理由として、上司の上司である部長と仲が悪く、その引き止めがなかったことが大きかったです。

この時の別の部長だったら、やめれなかったかもしれません。

基本的に尊敬できる部長が多かったので、たまたまな巡り合わせでやめることができました。

2社目:10店舗の飲食チェーン(在籍:3ヶ月)

理由

・オーナーの経営方針に合わなかったから
・人の扱いが悪かった
・経営戦略がザルだった

大手居酒屋チェーンをやめた後、元上司が独立した会社に入社しましたが、程なくヤバイ会社だとわかりましたw

勤務して、2ヶ月後に退職願を提出。

ただ元上司で恩がある方だったので、すぐにやめるのも悪いと思い、1ヶ月半後にやめるという話にしました。

すると、突然台湾支店行きを命じられました…。

フッキ
フッキ
これは海外にいかせ、そこに閉じ込めてやめさせないにしようという魂胆だ…

とはいえ、いまさらすぐやめるとも言えないので、とりあえず台湾に行きました。

またその台湾での生活が地獄で、、

日本と違い労務管理がないことを良いことに、1ヶ月休み無しで10時〜夜中の1時まで働かされました。

そんな中、上司には無茶苦茶な理由での引き止めにあいました。

ストレスしかなかったです。

最後は、

フッキ
フッキ
契約期間が終わったら、絶対働きません!

と喧嘩腰で言い放ち、なんとか契約期間を終了後、帰国できました。

短期間でも台湾に行けたのは良かったと思えるところもありますが、辛い思い出が多いです。

円滑にやめる方法

これらを踏まえ、飲食業を円滑にやめる方法をまとめました。

先に内定を決めて報告する

内定を決めないで、やめると言っても本気だと思ってもらえません。

オーナー
オーナー
内定決めてからやめれば

と言う話で落ち着きがちです。

先に決まってしまえば何も言えず、了解してくれます。

退職を伝えた2ヶ月後にやめる

近々やめると言われても、代わりの人もすぐには見つけられないでしょうし、間違いなく揉めます。

やめる時期は少し余裕をもって提示しましょう

何を言われてもやめるで通す

引き止める人は、なりふり構わず止めます。

それは相手の思っての発言ではなく、ほぼ保身です。

そう思って、すべての言葉をはねのけましょう。

それでもダメな時は…

退職日以降は絶対働きません!と言う。

フッキ
フッキ
これ、私なんですけどw

契約期間以降は絶対働かない!と宣言をしたら、割とうまく納得してくれました。

無気力労働とかされたら、むしろ不利益になりますからねw

退職代行を利用する

最近、退職代行サービスを活用する人が多いそうです。

オーナーさんや上司が全く話を聞いてくれないというタイプでしたら、活用してみて良いと思います。

まとめ

飲食業をやめるのは大変なのは間違いないです!

最後は、自分の意思を強く持って対応して行ってください!

フッキ
フッキ
時間を無駄に費やさないように、冷静に決断しよう!

ABOUT ME
フッキ
チェーン飲食店12年勤務。体力勝負の現場業務ばかりの状況を変えるべく大手飲食企業を退職し、ネット飲食マーケティングに転職。年間で300件以上の飲食店に提案。さらなら高みを目指す。その経験を元に飲食人向けの転職・キャリアアップと、営業術・グルメを紹介してます。
RELATED POST