飲食人の転職

【40歳からの転職活動】現在41歳。飲食歴12年の私的転職活動日記。その3。『知り合いの会社に応募』

フッキ
フッキ
41歳の転職活動の記録、3回目!

第一志望の会社にさっくり落ち、大ショックでしたが、気持ちを切り替え新たな転職先を探すことにしました。

知り合いの会社を狙う

次の転職先を探してて思い当たったところが、以前勤務していた大手飲食チェーンで働いていた時の上司が経営している会社でした。

店舗開発の会社で今の職とは少し違いますが、営業先は飲食店が多くまたその業界でも知られている会社でもあったので、応募してみようと思いました。

ただ知り合いの会社なので応募して関係が悪くなったり、今後がやりづらくなるかもしれないという、一抹の不安もありました。

とはいえ、何事もやってみなければわからないからチャレンジする、をモットーにしている私はまずは声をかけてみようと思いました。

会社の情報収集

まず求人サイトをみて、求人がされているかどうかを確認しました。

求人ありました!しかも営業職で!

さらに未経験もOKと書いてありました!これはいけそう!

何度も読み返しましたが、応募してくださいと言わんとばかりの応募要項でした。

これで知り合いであることを大いに使ってw、内定までこぎつけたいと思いました。

facebookメッセで連絡する

応募すると決めましたが、何を経由して応募するのが一番良いのでしょうか。

ホームページや求人サイトから応募することも可能でしたが、今回は社長とfacebookで繋がっていたので、メッセンジャーで直接連絡してみることにしました。

就職サイトから応募するのも変な感じもしますし。

覚悟を決めた後、早速FBメッセンジャーでメッセージを送りました。

少し緊張しつつ返事を待ちました。

多分大丈夫だろうと、たかをくくりながら…。

30分後返信が!

30分後返信がありました!

その返事は!

山◯社長
山◯社長
今は残念だが募集していない
フッキ
フッキ
絶望。。

これ以上、食い下がっても迷惑かけるだけだろうし、返事もソコソコに引き下がりました。

私、甘かったです。

教訓

知り合いの会社だからって簡単に入社できるとは限りません。

仕事はシビアなので、知り合い、友達とか関係ないのは当然で、よくよく考えたらわかることかも。

また就職エージェントから後々聞いたことで、そもそも採用されやすい時期があるそうで、そこを外れると採用される確率が大きくさがるらしいです。

例えば4月は採用されにくい時期だとのこと。

新卒採用が配属されたばかりでその教育に集中したい意向の会社が多いみたいです。

メッセージ出したの4月下旬ですから、時期も悪かった。

フッキ
フッキ
参考にしてください!
ABOUT ME
フッキ
チェーン飲食店12年勤務。何の取り柄もない中年でした。しかし、現状を変えるべく、飲食業をやめ、ネット飲食マーケティングに転職。年間で300件以上の飲食店に提案。さらなら高みを目指してます。その経験を元にした飲食人のための転職・キャリアアップと、営業に役立つスキル・グルメを紹介してます。
RELATED POST