飲食人の転職

【40歳からの転職活動】現在41歳。飲食歴12年の私的転職活動日記。その2。『履歴書と職務経歴書』

フッキ
フッキ
転職活動の進捗を語ります!

前回はなぜ会社をやめることにしたかまでの話でしたが、

いよいよ本格的な転職活動をはじめます!

起業するのも選択肢

会社をやめる決意をした地点で、2つ選択がとれると思いました。

一つは転職活動をする、もう一つは起業してしまうという選択肢です。

最近営業先や同僚から飲食コンサルタントとして独立した方が良い、と言われることが多くなりました。

個人的にはとても喜べる話で、それだけ営業力や提案力がついてきた証拠だと思っています。

とはいえ起業するには、まだまだスキルや人脈がまだ足りてないと感じてました。

まわりで活躍している飲食コンサルタントの方を見ると、みんなすごい人達ばかりなんです。

次の転職先で成長して、できたら起業したいと思ってます。

ちなみにブログを書きはじめたのも、起業を見据えてます。

収益化もしたいですが、自分のスキルの幅も広げるのに有効だと考え、まずははじめた、という状況です。

本職もブログも頑張ります。

会社に勤めながら転職活動

就職活動すると決めた後。

在職したまま就職活動するか、先に会社に辞意を伝えて活動するか、を考えました。

仕事に対するモチベーションは全くありませんが、在職しながら就職活動をすることにしました。

理由として

・無職で収入がなくなるリスクをさけるため
・自分の転職での市場価値がわからなかったため

すでにヘッドハンティングで次の職場が決まっていれば、すぐやめる選択でも良かったです。

私、全くそんなことございませんのでw、より良い就職先を探しながら転職活動することにしました。

第一希望の会社に応募

応募する企業を考えた時に、真っ先に思い浮かんだ会社がありました。

今の会社と似た飲食店向けサービスを提供している会社です。

そこの会社の方と話したこともあり印象も良く、今の仕事の経験を活かせる職場だと思いました。

早速応募するために企業のHPを調べ、採用情報のフォームから申し込みました。

すると次の日会社説明会の開催をのメールが届いたので、参加を表明しました。

準備する日数は少ない中、検索で情報を極力集め、会社説明会の日を迎えました。

大失態…

会社の前の入り口に行くと張り紙があり、読んだ途端私凍りつきました…。

人事担当者
人事担当者
履歴書と職務経歴書を提出してください。
フッキ
フッキ
忘れました…。

メールには書いてなかったので、必要ないと思いこんでいました。

そのことを担当の人に伝えなんとか説明会に参加しましたが、ほぼ絶望した気分で話を聞きました。

その後選考にすすむ人は適正試験もあるとのことで受けましたが、またこの適正試験も半端なく難しかった…。

まわりの応募者数が思っていたより多いことも手伝い、筆記試験の途中で心が折れ、ほぼ諦めました。。

最後の備考の欄に、これでもかと経歴をアピールしましたが、その甲斐なく説明会の2日後、書類審査脱落のメールがきました。

第1希望の会社だったのに、準備が足りなさすぎ…。

今回のまとめ

教訓

・転職活動中は、履歴書と職務経歴書はいつでも持参する。

・第1希望の会社にいきなり受けるのはやめよう。

勢いに任せて応募しちゃいけませんよ!

フッキ
フッキ
転職活動、一期一会を大切に!
ABOUT ME
フッキ
チェーン飲食店12年勤務。何の取り柄もない中年でした。しかし、現状を変えるべく、飲食業をやめ、ネット飲食マーケティングに転職。年間で300件以上の飲食店に提案。さらなら高みを目指してます。その経験を元にした飲食人のための転職・キャリアアップと、営業に役立つスキル・グルメを紹介してます。
RELATED POST