営業術

【Zoomより快適】『whereby』で始めるリモート商談。初心者に解説!

フッキ
フッキ
リモート商談にチャレンジしてみませんか?

コロナウイルス影響で、リモート勤務の推奨がされるという昨今。

今後、リモート商談を活用する企業はさらに増える見込みです。

リモート商談とは、対面ではなくPCのビデオ通話を使って、遠隔でも商談を行ってしまう手法です。

私も以前は対面の営業しかしたことがなかったので、抵抗がありました。

フッキ
フッキ
リモートだと提案しづらさそう…

しかし、実際やってみると快適で商談できるし、リモートならではのメリットがあるんです。

まだ、リモート商談したことがない方!この機会に一度経験していただきたい!

リモート商談用のツールは無料、有料ありますが、まずは無料からリスクなく始めましょう!

そして、無料でしたら「whereby」がおすすめです!

フッキ
フッキ
以前は「appera in」 といい、最近改名しました。

「whereby」を使って、はじめてのリモート商談をするための手順をお伝えします。

フッキ
フッキ
これを読めば、一気に不安解消!

「whereby」とは

「whereby」内にルームを作ることで、相手はアカウント作成やログインを行うことなく、発行URLをクリックするだけでリモート商談ができるビデオコミュニケーションサービスです。

例えば、PC上で資料を画面共有しながら、商談ができます。

想像するより、やるためのハードルは低いです!

フッキ
フッキ
私はスマホアプリの営業もしてて、スマホの画面を実際に動かし共有しながらリモート商談してます。

「whereby」を選ぶ理由

無料でリモート商談できるツールは他にもあります。

有名どころでは、「Skype」 、「zoom」でしょうか。

フッキ
フッキ
「whereby」って初めて聞いた…不安かも、英語のサイトだし

その中でも、初めてリモート商談をやるに当たって「whereby」をおすすめします。

ツール 所見
zoom 相手にアプリダウンロードさせるのが面倒…
skape 相手にMicrosoftアカウント登録してもらえない…
whereby リンクのクリックだけで簡単に繋がる!

もし「whereby」がいまいちだなぁ、と思ったら、その段階で他のツールを使うのが良いでしょう。
2>リモート商談前に用意するもの

★ワイヤレスヘッドホンマイク

音声はPCから出力されるので、ヘッドホンマイクがないと回りにダダ聞こえです。

あと、今後を考えるなら、ワイヤレスにしましょう。

フッキ
フッキ
あと、PCの基本設定をマイクとカメラの機能をONになっていることと、音量をあげるのを絶対忘れないでください!

「whereby」の使い方

①まずはホームページに入ります。

右上の「Get started」を押します。

右の「For myself」を押します。

Google アカウントからログインします。

右の「Free」を押します。

ルーム名を決め「Go to room」を押します。

こちらが基本となる画面です。

右の画面のリンクを共有し相手がクリックすると接続されます。

フッキ
フッキ
自分は左側、相手は右側に表示されます。

下に基本機能がありますが、注意すべきはこの3つです。

A Mic on/off
マイクのon/offの切り替えができます。

B Cam on/off
カメラのon/offの切り替えができます。

C 画面共有
自分のPCの画面や資料の共有ができます。

特に画面共有の仕方は一度確認しましょう。

リモート商談をする前に、回りに協力してもらい実際に操作してみてください。

フッキ
フッキ
ぶっつけでやると痛い目にあう。一度さわるとだいたい覚えられる。

ここまでやれば自分の準備は万端ですが、それ以外にも相手に確認しておいた方が色々事項があるんです。

フッキ
フッキ
リモート商談やって気づいたノウハウ!

事前に相手と共有すべきこと

相手がリモート商談慣れをしていれば問題はありませんが、初めてという方に対しては勝手がわからず商談できない事態も起こりえます。

そのため事前に相手の環境が整わせるアクションをしましょう。

まず、トラブルになりがちなのが以下のことです。

・PCがネット接続されていない
・相手のPCの音量がoffのため音声が聞こえない
・初期設定のカメラとマイクがoffで接続されない
・Internet Explorerを利用(wherebyはIE未対応)
・回りに人で音声が聞こえづらい

フッキ
フッキ
口頭だと言いづらいよね。

この辺を事前に確認するため、リモート商談前日に招待用リンクと一緒にメールで注意事項を共有し、同時に確認の電話をしてました。

実際の送付していた文面は下記になります。

株式会社 ◯◯◯◯
◯◯様

お世話になっております。◎◎と申します。

✕✕日(金)▲▲時からPCで詳細機能のご紹介をしたく存じます。
当日は一旦電話にてご連絡致します。

また事前に確認して頂きたいことが御座います。

①PCがネット接続されているか確認
②音量のボリュームを上げる
③初期設定でカメラとマイクの利用がONになっているか確認
④Google Chromeブラウザが使えるかの確認
(使えない場合は「グーグルクローム」で検索しダウンロード)
⑤ヘッドホンマイクを使いたい場合は用意

当日、下記のアドレスから相互の音声と資料の共有ができるようになります。

https://whereby.com/ ◯◯◯◯

何卒よろしくお願いいたします。

こちらを送付して電話で確認しておくと、かなりの確率で問題を回避することができました。

ぜひ、コピペして活用してください。

フッキ
フッキ
また相手が商談をNGにしたい場合もここでわかるので、無駄な時間も減らせる!

リモート商談の流れ

商談時間5分前になったら、「whereby」のルームを開き待機します。

そして、時間になったら相手に電話をして、前日にメールで共有したリンクをクリックしてもらいましょう。

すると、音声と画像が共有され商談がスタートします。

フッキ
フッキ
電話はこのタイミングで切りましょう。

当日繋がらない場合

ここまでしても繋がらないケースはあります。

その場合は、まず先程の注意事項を1個づつ確認していきましょう。

それでもわからなければ、諦めるしかないです。

その状況を説明し、丁寧に謝罪しましょう。

フッキ
フッキ
その時か後ほど、メールなどで資料を共有しご説明しましょう。

もしこの状況は嫌だ!という場合は、有料ツールならほぼ解決できます。

今、人気なのは「ベルフェイス」というツールです。

限りなく100%リモート商談可能です。

フッキ
フッキ
とはいえ無料でまず試してみることが重要!

慣れることから始めましょう。

フッキ
フッキ
私も、最初リモート商談5回のうち1回は成立しませんでしたよ。

リモート商談の特徴

アイスブレイクなどの雑談は、盛り上がりずらいです。

フッキ
フッキ
対面と違うところ。

その分、先方へのヒアリングや商材の説明をわかりやすく行うことを心がけましょう。

ノートなどに話す内容を書いておくのも良策です!

また、近くに他の人を待機してもらい、ピンチの時に商談に参加してもらうことも出来ます。

フッキ
フッキ
有効活用の仕方は無限大!

また、リモート商談は対面商談と比べ、受注率はやや下がります。

その分、商談が終わった後の連絡はマメに行い、次につなげましょう。

フッキ
フッキ
相手との接触回数を意識的に増やすべき。

すると商談成功率があがってきます!

交通費と時間も大幅に削減できメリットだらけなので、まずチャレンジしてみましょう。

まとめ

まずは、無料で「whereby」でリモート商談してみましょう。

リモートだからと嫌がられることはほぼないです。

今後増えるのは間違いない手法なので、まずやってみましょう!

フッキ
フッキ
慣れたら超快適!
【営業テレアポ】飲食店への架電営業でアポを量産できる具体例紹介! 現在年間300件の商談を積み重ね、日々営業ノウハウを積み重ねています。 実践の中で身につけた、電話でのアポイント・商談獲得...
ABOUT ME
フッキ
チェーン飲食店12年勤務。体力勝負の現場業務ばかりの状況を変えるべく大手飲食企業を退職し、ネット飲食マーケティングに転職。年間で300件以上の飲食店に提案。さらなら高みを目指す。その経験を元に飲食人向けの転職・キャリアアップと、営業術・グルメを紹介してます。
RELATED POST