営業スキル

【営業ノウハウ】営業職で成果をだすのに一番重要なことは、売りたい商材を売ること!その理由。

営業する上で一番重要なことは売りたい商材を売ることであると、その理由をお話します。

現在営業歴2年で、今は普通に契約もたくさんとれるようになりました。

以前の飲食業の時には、全く想像もできなかった姿です。

遅まきながら営業職にチャレンジして、本当に良かったと思っています!

ただ誰でも営業で活躍できるかといえば、全くそんなことはないです。

まず内向的な性格の人は、そもそも向いていないと思います。

この辺はわかりやすいんですが、それ以外でも珍しい事例があったんです。

以前大手営業会社で働いていた人が転職し営業をしても、活躍できずにやめてしまうことが結構ありました。

なぜこういうことが起こるのか?不思議だったんですが、最近あることに気づきました。

自分が納得して売りたい商材でないと営業でたくさん売ることはできない、ということです。

営業職で成果をだすのに一番重要なことは、売りたい商材を売ること

営業においては商材選びが何より大切です!

その理由の詳細と、どうすれば実際それを活かして営業でたくさん売れるようになるのかお伝えします。

売りたい商材だとお客様に勧めやすい

自分が良いと思っている商品は、当然人に勧めやすいですよね?

また商材に愛着が沸き、商品知識もどんどん豊富になります。

結果商談時、お客様に説得力をもって伝わるのでどんどん売れるんです。

もし社内で扱う商材の中で自分が売りたいものが少数であったとして、それだけを売れば良いです。

自分が信頼できる商材を売ることが、営業で成果をだすために重要です。

営業したいというだけで商材を気にせず営業職を選ぶと、自分に合わない商材を売るハメになり、うまくいかないことが多いです。

商材のメリットとデメリットを抑える

より売るためには、自分の信頼した商材のメリットとデメリットを的確に掴みましょう。

営業先では会話をしながら、その商材によってお客さんの問題がどう解決できるかを考えて、タイミングを図り提案していくのが常道です。

ただ、やみくもに商品の説明だけしても絶対売れません!

ニーズがないなら提案せずに、後に繋げるだけで大丈夫です。

あくまでお客さんのことを考えて営業しましょう。

また他社の商材があったら、それらのメリット、デメリットも確実に覚えるべきです。

それらを比較しながら提案してあげると、お客さんは選びやすくなります。

時には自社の商材だけではなく、他社の方が良い場合は躊躇なくすすめてあげられる営業マンである方が、結果的に大きな信頼に繋がります。

営業への転職は商材を良くチェック

もし営業希望で転職活動するなら、何の商材を売るのかをまず確認してください。

そして自信をもって他人に勧めることができるか、をイメージしてみてください。

良い商材と思えたら、最後は有無を言わさずゴリゴリ押しまくって営業できれば、成果はおのずと上がります(笑)

まとめ

営業で何を売るのか、自分が売りたい商品であるのか。

しっかり確認して、ミスマッチない営業活動をしてください。

もしあなたが売れない営業マンだったら、商材に問題があるのかもしれないですよ…。

ABOUT ME
フッキ
チェーン飲食店12年勤務。何の取り柄もない中年でした。しかし、現状を変えるべく、飲食業をやめ、ネット飲食マーケティングに転職。年間で300件以上の飲食店に提案。さらなら高みを目指してます。その経験を元にした飲食人のための転職・キャリアアップと、営業に役立つスキル・グルメを紹介してます。
RELATED POST