飲食人向け情報

【飲食でのリファラル採用】従業員の紹介からの採用を増やすために意識すべき4つのこと。

こんにちは!元飲食のマーケター、フッキ(@umafukublog)です。

最近飲食店を回っていて、人手が足りないという悩みをよく聞きます。

2000年位から労働者人口は減り続けているので、仕方がない問題と思っている方もいるかもしれません。

f:id:umafuku:20190601233612p:plain

*1

しかし中には人手に全く困っていないし、むしろ在籍が多すぎて勤務させられない、という悩みをもったお店もあるんです。

そういった採用に困らないお店には、ある特徴があります。

従業員から友達や知り合いを紹介され採用できることが多いところです。

いわゆる「リファラルリクルーティング」です。

採用費もかかりませんし、こんな効率が良い採用手法は他にないですね。

今回「リファラルリクルーティング」がうまくできている、お店の特徴をまとめました。

従業員が全員優しく、決して怒らない

これ最重要ポイントです。

一昔前の飲食業は体育会系が当たり前で、従業員もパワハラ同然に指導されることが多かったんですが、現在は全く変わりました。

ある成長著しいチェーン店のオーナーさんが言っていたことです。

「飲食店も時代に合わせ変化していかなければいけない。」

今どきの若者のライフスタイルに合わせるなら、常に優しく褒めながら育てていった方が、成長もするし定着するのだそうです。

このことを日頃から従業員全員が意識すべきです。

昔からの体質が変わっていない飲食店は、すべて採用がうまくいっていないです。

もし体育会系のアルバイトがいたら、今すぐ直させてください。

そんな従業員が一人いるだけで、お店の雰囲気は一変します。

ちなみに私が知っている中で採用ができる飲食店のオーナーさんは、揃って従業員に対して優しい方ばかりです。

店舗全体で新人教育の仕方を、今の時代にあった形で変えてきましょう。

SNSで従業員紹介や仕事内容を発信する

日頃の店舗の出来事をSNSでマメにあげることで、いざ従業員が友達を誘う時に使える採用ツールになります。

SNSを友達に見せることで実際の店内の雰囲気を感じてもらい、応募するハードルを大幅に下げられます。

特に店内でも、カッコいい男子や可愛い女子に参加してもらい発信しましょう。さらに効果大です。

SNSはツイッターかインスタが良いと思いますが、まずは慣れたSNSではじめてみましょう。

月1回は遊びのイベントをやる

イベントでも飲み会ではなく、例えば、カラオケやボーリング大会、旅行など、遊びに近いイベントを定期的にやると、従業員のモチベーションが上がるそうです。

以前は月1回、店舗ミーティングを開催というような勉強会系のイベントが多かったんですが、今の若者には負担になってしまうようで、だったらこういうイベントにしてチームワークを固めていく方がメリットが大きいです。

あと、基本イベントの強制参加はなし、にしましょう。

今の若者のスタイルに、こちらから徹底的に合わせていくことが重要です。

まかないが美味しい

バイト採用で一番のターゲットになる大学生は、食事に貪欲な一方お金はあまり持っていません。

そのためお店のまかないに非常に期待してます。

ぜひ経験豊かな調理人に毎日まかないを作ってもらい、従業員の満足度を上げていきましょう。

まかないをSNSで毎日発信するのも、良いアピールになります。

まとめ

これらのことをすべてやりきるのは大変ですが、一度完成させてしまえば、今後の店舗展開で大きな強みになること間違いないです。

また採用がしっかりできてる店舗は、お店の雰囲気が良いしサービス力も高いので、売上も好調です。

好循環を作るためにも、ぜひ実践してみてください。

*1:厚生労働省

ABOUT ME
フッキ
チェーン飲食店12年勤務。何の取り柄もない中年でした。しかし、現状を変えるべく、飲食業をやめ、ネット飲食マーケティングに転職。年間で300件以上の飲食店に提案。さらなら高みを目指してます。その経験を元にした飲食人のための転職・キャリアアップと、営業に役立つスキル・グルメを紹介してます。
RELATED POST