飲食人向け情報

【串カツ田中】貫啓二の経歴、年収資産、家族、セミナー、現在。

フッキ
フッキ
2019年に東証一部上場を果たした「串カツ田中ホールディングス」の代表の貫啓二の経歴、資産、家族、などまとめました。
記事のまとめ

・貫啓二は決して順風満帆ではなく、尽く事業に失敗
・背水での新規事業「串カツ田中」を創業
・パートナー田中洋江氏の父の秘伝串カツレシピで成功の鍵
・年収は、6000万以上ありそう
・家族は、妻と子供が一人いる模様
・メディアに多数出演。最近は「串カツ宮迫」が話題に!
・セミナーを定期的に開催!最新セミナーもご紹介

最近は、テレビでもYouTubeでもよくみます。

社長自ら率先してメディアに露出して、「串カツ田中」を地道に広げているのは、とても頭の良い戦略では!

その貫氏の経歴から紹介していきます。

貫啓二の経歴

1971年 大阪府三島郡に生まれる
1989年 高校卒業後、トヨタ輸送に就職
1998年 トヨタ輸送を退職、バーを開業、田中洋江氏が経営に参加
2002年 ケージーグラッシーズ有限会社設立
大阪にデザイナーズレストランを開業
2004年 都内に本格京懐石料理店を開業
2006年 商号を株式会社ノートに変更
2008年 リーマンショックで倒産寸前、「串カツ田中」1号店を世田谷にオープン
2014年 「串カツ田中」を大阪、愛知、沖縄に出店
2015年 株式会社串カツ田中に変更
2016年 東証マザーズに上場
2019年 東京証券取引所1部へ市場変更

貫啓二の幼少期~青年期

大阪府と京都府の境の三島郡に生まれました。

三島郡は、父は町工場の凄腕金型職人で、母は編み物の先生。

兄弟は2人で、4歳離れた兄がいます。

兄の影響で小学校から硬式テニスを開始、大会にも出場し運動神経のいい少年で、特に背が高く中学2年生でなんと181センチもありました!

一方、勉強は全くせず、ひたすらバイクを乗り回すミニヤンキーな少年でもありました。

高校を卒業後、大学には進学せずトヨタ運送へ就職。

真摯に仕事に取り組みながら、休日を利用して婚活パーティーやスノボツアーを企画し、収益を得られたことをきっかけに起業を考えはじめました。

そんな時、知り合いの外車を見て、

貫氏
貫氏
このままじゃ一生にこんな車に乗ることはできない。一回きりの人生、これでいいのか…

と考えはじめ、27歳の時に不退転の決意のもと、退職。

大阪、心斎橋で15坪のバーを開業しました。

バー経営は、トヨタ時代に知り合いのオーナーに頼み仕事をさせてもらい覚え準備万端で、初月は60万円程度の利益を確保!

しかし、365日仕事をしても、時給にすれば500円ぐらいのもうけ…。

全く夢がなくトヨタ時代と変わらない…と思っていた時、後にビジネスパートナーとなる田中洋江氏と出会います。

当時、大手広告代理店に勤務しており、お客様の一人でしたが、そのうちアルバイトとして働いてくれるようになりました。

田中氏は流行に敏感かつ飲食店にも詳しく、当時の状況をみてこう言いました。

田中洋江氏
田中洋江氏
このままじゃダメ!目標や計画を立ててやらないといけない。

それをきっかけに、貫氏は心を決め彼女の前で計画立て、田中氏との二人三脚が本格的にスタート。

2001年2月に大阪にデザイナーズレストランを開店しました。

借入金はなんと6000万円!

そのうち、1500万円はトヨタ時代の上司が貸してくれたもの。失敗は許されない。

しかし、店はオープン直後から熱気に包まれ、メディアにもそれから連日のように取り上げられました!

2004年に東京にも進出。青山に個室の京懐石料理の店をオープン。

「東京カレンダー」に掲載、一気に有名店に!

しかし、職人肌の料理人を採用したため、社員と折り合いがつかなかったり、料理人にやめられお店の味が変わったり、人での悩みがつきません。

2店舗の距離も問題もあり大阪の店舗を手放し、他業種展開を模索する中、リーマン・ショック到来。。

軌道にのっていた京懐石店の利用者が激減。。

倒産寸前まで陥りました。

そのため貫氏は大阪へ帰ることを決め、すでに引っ越しの荷造りをしていた田中氏の自宅で思いもよらぬことが。。

田中洋江氏
田中洋江氏
父の秘伝の串カツレシピを発見!

田中氏は、当初から父田中勇吉氏が生業としていた串カツ業態の店舗をやりたいと考えていましたが、レシピが見つからず断念していました。

それをキッカケに最後の大勝負にでる。

世田谷の住宅立地内に安い物件を見つけ、「串カツ田中 世田谷店」をオープン。

こちらが超大ヒット!連日満席に!

積もった借金も返済し、串カツ業態一本で勝負することをきめ、新たなスタートを切りました!

串カツ田中について

「串カツ田中」は順調に店舗数を重ね、273店舗まで増やしています。(2020年12月の情報)

特徴として、直営以外のFC(フランチャイズ)が多く、現在157店舗あります。

FC展開した理由は、「串カツ田中」がヒットした当時劣悪な串カツ業態が増え、串カツ自体のブランド価値が落ちることを恐れ、店舗拡大することでブランド力を維持する戦略をとったからです。

「串カツ田中」のマーケティングは非常に異色で、挑戦的です。

一番有名なのは、サイコロ振ってドリンクが無料になる「チンチロリン」。

ドリンクが1ヶ月間一杯199円になる「田中で飲みpass」。

最近では、雨上がり決死隊の宮迫氏に「串カツ田中」のネーミングライツ(命名権)を2000万で購入してもらい「串カツ宮迫」として1ヶ月間営業しました!

また、主な顧客が家族連れであることから、2018年6月に居酒屋チェーンとしては初めて、店内の全席禁煙・フロア分煙にしました。

なんとペット同伴もOK!

以外なところ点として、未だにキャッシュレス決済ができないチェーンでもあります。

フッキ
フッキ
独自の道をいく経営
【悲報】今だキャッシュレスできない飲食チェーン4選と最近対応店舗も紹介。 ここ数年で、飲食店もキャッシュレス化がかなり進みました。 キャッシュレスとは、クレジットカードや電子マネー、スマホからのQ...

また、「串カツ田中」は、「4S(整理、整頓、清潔、清掃)」といった、貫氏がトヨタ時代に叩きこまれた基本を充実に守っているので、店内がきれいです。

貫啓二の年収資産

串カツ田中の決算報告書から、2018年11月期の取締役5名に対する報酬総額は9906万円。

そのうち、3割が貫氏の役員報酬と想定すると3000万円です。

さらに、「串カツ田中」の筆頭株主でもあるので、その資産や個人的な配当も合わせると総資産は25億以上と考えられ、その分を加味すると6000万以上はありそうです!

フッキ
フッキ
ちなみに、ベンツの所有を確認済w

貫啓二の家族

貫氏が結婚したのは23歳の時で、お子さんがいるようです。

串カツ田中ホールディングスの筆頭株主の中で、貫花音さんという方がおりご子息ではないかと言われています。

検索した画像を確認しましたが、その信憑性は高いです。

貫啓二の近況

貫氏は、セミナーの登壇も積極的です。

こちらの外食系サイトをチェックしてみてください。

定期的に開催してます。

【2021年版】飲食人必見!最新トレンドを知る外食情報サイト5選。 私、普段は飲食店への営業をしており、よりオーナーさんから信頼を得るために常に最新の外食情報をチェックし、色々教えてあげています。...

こちらは、スポットバイト「timee」とのコラボセミナーで、再放送が無料で見れます。

非常に謙虚で尊敬できる経営者なので、ぜひ見ていただきたい!

貫啓二のまとめ

現在、華々しい活躍を見せていますが、企業当初は苦労の連続だったようです。

現在の成功も「運」だと言いきります。

その謙虚な姿勢が、結果として成功に導いたのではないか?と推測しています。

ちなみに、2020年「串カツ田中」以外、初の新業態「鳥と卵の専門店 鳥玉」がオープンしました!

フッキ
フッキ
こちらも行ってみたい!!
【トリドール】粟田貴也の経歴、年収資産、家族、セミナー、現在。 トリドールが運営する丸亀製麺は国内では900店舗以上を展開! 海外進出も成功を収め、すでに100店...
ABOUT ME
フッキ
大手チェーン飲食店勤務後、飲食マーケティング営業を得て外資系企業セールスMGRに従事。その経験をブログにて発信中。転職・スキル・キャリアアップ・営業術、飲食経営者情報など。