飲食人向け情報

【2019年度版】飲食店集客が無料で効果的にできるグルメサイト・メディアのおすすめ6選。

フッキ
フッキ
無料かつ簡単に登録できて、集客効果が高いものを選びました。

集客において、ネットの影響力がより一段と高まってきてます。

ネット以外の施策を考えると、例えば、入り口に目立つ看板をだしても店の前を通る人しか見れないし、店舗チラシを作っても配布できる場所が限られるため、宣伝できる範囲に限定されます。

一方、ネット上だと何千万の人が常に検索しており、非常に影響力が高いです。

ただ問題として、利用できるサービスの大半が有料です。

飲食業で販促費をかけられるところは限られます。

席数が少なく客単価が低い店は、売上自体が少ないので販促費をかけられません。

そんな時活用すべきなのが、無料登録できるグルメサイトです。

私のまわりの飲食店でも、登録するだけで集客を得られたという事例がたくさんあります。

フッキ
フッキ
使わない手はないですね。

今回、無料かつ手間もかからない上に集客効果が高いグルメサイト・メディアを、私の独断でまとめてみました。

フッキ
フッキ
販促費をかけたくないオーナーさんは必見!

飲食店集客が無料で効果的にできるグルメサイト・メディアのおすすめ6選。

グルメサイト

グルメサイトというと有料のイメージが強いですが、多くのサイトが無料でも登録できます!

現状集客で一番影響力が強いのはグルメサイトです。

例えば、店名で検索するとほぼ必ずどこかのグルメサイトが最上位にきます。

お店の公式ホームページがあっても最上位にはならないです。

そのため、戦略として集客のためにグルメサイトをいかにうまく使いこなすか、を最優先に考える必要があります。

無料で使えるグルメサイト全部に登録するのにこしたことはないですが、その中でも外せないグルメサイトだけを紹介します。

食べログ

おなじみ日本最大の飲食店口コミ型グルメサイト。

口コミを使ったサイト設計が最強で、軒並み飲食店検索の最上位を占めます。

現状集客力が最強。

無料登録だけでもかなりの集客が見込めます。

さらに効果を高める理由があります。

他と比べて無料でも店舗情報を入力できる項目が多い

具体的に言うと、

  • 店名
  • 電話番号
  • 営業日時
  • 単品メニューの紹介
  • コースメニューの紹介
  • クーポン発行
  • 写真の登録

など、かなり充実しています。

これらを詳しく入力すると、さらに集客効果が高くなります。

まず無料登録すべきサイトです。

ぐるなび

老舗グルメサイトです。作り込まれた店舗ページが特徴。

正直、現状集客に苦戦してます。。

店名検索の最上位は食べログに奪われたため、2位以下に下がってしまいました。

とはいえ、食べログを見てから下位のぐるなびを見るユーザーも一定数はいます。

そのため、ぐるなびにも無料で登録しておけば、少しですが集客できるかもしれません。

最低限の店舗情報は入力可能です。

  • 料理ジャンル
  • 営業日時
  • 席数や設備
  • メニュー情報

特筆すべきこととしては、無料でもネット予約がとれます。

リクエスト式予約とは…

店舗へ予約をリクエストすると、後ほど店舗からメールか電話で予約受付の確認の連絡がくる方式

まずは無料なので、試してみる感じで、どうぞ。

Retty

Facebookとも連携する実名での口コミサイトです。

最近の傾向で、検索順位1位は食べログですが、2位はぐるなびでなくRettyであることも多くなってます。

食べログの情報だけでは行くかどうか決めかねる人を、Rettyの口コミで後押しすることができます。

ぜひ店舗情報しましょう。

Googleマイビジネス


(PCの場合、右側に表示されます。)

GoogleマイビジネスはGoogleマップと紐づけられており、お店の情報を登録すればGoogleマップに反映されます。

また、Googleにおいては、検索結果の最上位にくるグルメサイトのさらに上の箇所へ、Googleマップと共に店舗情報が掲載されます。

一番良い位置に表示されるため、集客効果が高いです。

また、「地域 業態」や「近くの◯◯」という検索の場合、Googleマイビジネスを活用している店舗の内、上位3つが表示されます。

もしこの上位3つに表示されると、更に集客力が上がります。

フッキ
フッキ
この検索での上位3つでの露出を促す施策をMEOといいます。

ここで上位に掲載させるための施策として、

  • 店舗情報をマメに入れる
  • 定期的に投稿する
  • 口コミを増やす

等をすると効果が高まります。

この登録は絶対やるべきです。

どのくらい検索されているのかすぐわかる仕様なので、効果の検証と改善もしやすいです。

favyページ

favyページでは、飲食店向けのホームページが無料で作れます。

飲食店オーナー
飲食店オーナー
そもそも飲食店にホームページって必要?

グルメサイトに登録しておけば、ホームページはいらないという意見もあります。

ただ、グルメサイトだけの情報だけでは不安で、公式ホームページを見たいというユーザーも一定数います。

例えば、フレンチや割烹などの高級業態はホームページがあったほうが良いです。

フッキ
フッキ
ホームページでお店のこだわりをより深く伝えることが可能になり、集客に繋がるんです!

せっかく集客できるチャンスを取りこぼすのはもったいない!

また、他の無料ホームページサービスにはない大きな特徴として、ネット予約がとれます。

例えば、このfavyの予約のurlをGoogleマイビジネスに登録すると、Google経由での予約を直にとることが可能です。

フッキ
フッキ
大きなメリットです!

tripadvier

世界中で利用されているホテル等の旅行に関する口コミと価格比較のウェブサイトです。

こちら、飲食店の口コミも掲載されてて、外国人客は母国語に翻訳された状態でみれます。

なので、外国人集客をとりたい時にはおすすめです。

まとめ:無料登録すべき6つのサイトとそれ以外の施策

無料登録すべきサイト
  1. 食べログ
  2. ぐるなび
  3. Retty
  4. Googleマイビジネス
  5. favyページ
  6. tripadvier

他にも無料で登録できるものもありますが、効果が不十分なので無理にやる必要はないです。

販促費をかけられないお店はまず登録しましょう!

もし登録しても集客できなかった場合、他の施策もあります。

  • SNS(Facebook、Twitter、instagram)
  • ブログ

ただマメに投稿と運用をしないと集客効果はでないです。

また集客効果をだすために、少し時間がかかります。

それを踏まえ活用してみてください。

フッキ
フッキ
個人飲食店ぜひ参考に!
ABOUT ME
フッキ
チェーン飲食店12年勤務。何の取り柄もない中年でした。しかし、現状を変えるべく、飲食業をやめ、ネット飲食マーケティングに転職。年間で300件以上の飲食店に提案。さらなら高みを目指してます。その経験を元にした飲食人のための転職・キャリアアップと、営業に役立つスキル・グルメを紹介してます。
RELATED POST